神奈川いすゞ、車検でブレーキ整備せず「済み」に(読売新聞)

 神奈川県警は10日、「神奈川いすゞ自動車」(横浜市保土ヶ谷区)の男性社員11人と、同社を道路運送車両法違反(指定整備記録簿虚偽記載)の容疑で横浜地検に書類送検した。

 発表によると、11人は、自動車検査員だった2007年4〜12月、県内7事業所で請け負ったトラック計22台の車検で、義務づけられているドラムブレーキの分解整備を行わず、指定整備記録簿に「整備済み」とうその記載をした疑い。虚偽記載は1986年頃から行われていたという。

 県警交通捜査課によると、分解整備は、ブレーキのドラム部分を取り外し、部品の摩耗や損傷などを確認する車検の最重要事項。この作業を省けば、大型トラックの場合で約3時間、点検時間を短縮できるといい、「大量の車検をこなすため時間短縮したかった」と社員らは供述しているという。

<里山問題>週内に宅地開発会社側が名古屋市を提訴へ(毎日新聞)
<HIV>09年感染者7年ぶりに前年下回る 検査件数も(毎日新聞)
<普天間移設>結論5月まで 外相がウェッブ氏に説明(毎日新聞)
「芦屋の景観にふさわしくない」 市がマンション計画不認定に(産経新聞)
<訃報>浅倉久志さん79歳=翻訳家(毎日新聞)
[PR]
by na1cq1ko5j | 2010-02-17 15:22