逮捕の容疑者、弟の名かたる…釈放し逮捕し直す(読売新聞)

 長野県警大町署は9日、窃盗容疑で8日に逮捕した男が、弟(20)の名前をかたっていたことがわかったため、男をいったん釈放して同容疑で逮捕しなおしたと発表した。

 発表によると、男は白馬村、飲食店アルバイト渡辺海容疑者(23)。同署は8日夜、白馬村役場駐車場にとめてあった乗用車のタイヤ4本(計約6万円相当)を盗んだとして、渡辺容疑者を緊急逮捕し発表したが、9日朝になって弟の名前や生年月日をかたっていたことが判明。本名記載の逮捕状を取った上で、渡辺容疑者を署内で一度釈放し、同容疑で通常逮捕したという。

 県警捜査3課は「身分を確認できる所持品がなかった。今後は気をつけたい」としている。

回数券換金、横領の元千葉県職員に猶予付き判決(産経新聞)
<霧>関西で鉄道ダイヤ乱れる 4万8500人に影響(毎日新聞)
<アジアゾウ>「はな子」誕生日、国内最長老の63歳 特製ケーキ贈る(毎日新聞)
成田着デルタ機の主脚格納庫から黒人男性遺体(読売新聞)
慎太郎都知事「自業自得」!朝青龍も協会もバッサリ(スポーツ報知)
[PR]
by na1cq1ko5j | 2010-02-13 22:37