船田・元衆院議員が週刊新潮を提訴 不倫報道は「事実無根」(産経新聞)

 週刊誌「週刊新潮」の記事で名誉を傷つけられたとして、元衆院議員の船田元氏(56)らが、発行元の新潮社(東京都新宿区)に計3300万円の損害賠償を求める訴えを宇都宮地裁に起こした。提訴は1月18日付。

 訴えによると、昨年12月24日発売の同誌が、昨年の衆院選で流れた怪文書などをもとに、作新学院の理事長である船田氏が、同法人の職員と不倫関係にあるとの記事を掲載。

 船田氏側は「記事は事実無根」と主張。「怪文書の内容を事実確認せず書いており、我慢できる範囲を超えている」としている。

 週刊新潮編集部の話「訴状を読んで対応するが、提訴は意外」

【関連記事】
「ブランドの罪」再挑戦目指す船田元氏
民主が3選挙区制し圧勝 栃木
栃木1区で自民・船田氏の敗北確実に
民主、自民の牙城崩すか 「みんなの党」集票力も注目 栃木
自民公約は組織に縛られた「ホチキス型」

雑記帳 映画「京都太秦物語」完成披露試写会行われる(毎日新聞)
朝青龍「残念な行動」=相撲協会に報告求める−文科相(時事通信)
観光装い下見、盗品郵送…爆窃団再び日本標的(読売新聞)
大阪の消防士、酔って地下鉄運転士殴る(読売新聞)
<平野官房長官>現行案除外せず 名護市長選の結果に(毎日新聞)
[PR]
by na1cq1ko5j | 2010-02-02 17:39