なぜ?届かぬ幼いSOS 埼玉4歳衰弱死(産経新聞)

 当時4歳の次男に食事を与えず衰弱させながら放置したとして、保護責任者遺棄容疑で逮捕された蕨市中央、無職、新藤正美(47)と妻の早苗(37)の両容疑者。児童相談所(児相)などの行政機関は長年にわたって両容疑者に接触してきたが、なぜ次男の必死の“SOS”は届かなかったのか。

 次男の力人ちゃんは平成20年2月11日、急性脳症と栄養失調のため死亡した。捜査関係者によると、両容疑者には事件前、力人ちゃんを病院に連れて行かなければいけないとの認識はあったという。

 児相が両容疑者と接触を始めたのは、事件の約5年前の15年3月。力人ちゃんは同年9月に誕生したが、路上生活や経済的理由で乳児院に預けられ、長男も16年3月には児相に保護された。しかし、両容疑者は子どもの引き取りを強く希望。生活保護の受給とアパート契約を機に、18年1月から4人で暮らし始めた。

 児相などが事件までに一家に接触したのは、計約50回。しかし、子供たちに会えたのは計10回で、5回に1回の割合だった。

 児相では19年、市や警察なども交え、児童福祉法に基づき、裁判所の許可を得て子供たちを施設に入所させる強制措置をとることも検討。しかし、裁判所との事前協議で「客観的に虐待の状況が確認できない」として断念していた。

 児相の関係者が力人ちゃんと最後に会ったのは、事件の約2カ月半前の19年11月下旬。力人ちゃんについて「体にアザなどはなかったが、やせていて不衛生な印象だった」と振り返った。

 児相では、子供たちの施設入所を視野に入れ「客観的な虐待の証拠をつかむため、次の訪問では体重計を持っていこうとしていた」という。児相の職員は「目に見える形がないと権力を行使できない。限界だった」と声を詰まらせた。

【関連記事】
また虐待死…4歳次男に食事与えず放置 容疑の両親逮捕
5歳長男が餓死 虐待死で両親逮捕 奈良県桜井市 
2歳長男虐待死 父親に懲役11年判決
女児虐待死、継母を傷害致死容疑で再逮捕「黙秘します」
見逃されたSOS…両親からの虐待で死亡した7歳男児の阿鼻叫喚

ヤミ金取り立て心中事件で被告が無罪主張 大阪地裁(産経新聞)
愛子さまご欠席 野村一成東宮大夫の会見一問一答(上)(産経新聞)
赤ちゃんは「先生」 中高で広がるふれあい活動(産経新聞)
パトカーが女子高生と接触 大阪・岸和田(産経新聞)
<訃報>森本妙子さん87歳=毎日書道展名誉会員(毎日新聞)
[PR]
by na1cq1ko5j | 2010-03-11 12:01